2007年07月22日

もう少しだけ傍に

ついにハリポタ七巻発売されました。
気が短い俺は訳書が出るまで十ヶ月以上なんてとても待てないので、
ネタバレサイトに行ってきました!


そして感想。

あれはホントに児童書なのか?


要はヒト死にすぎだよ。

夢と希望プリーズ。
児童書は夢あってこその児童書だ。
そう思う俺はやっぱ甘いのかなー?


なんかフクザツだー。
posted by 飛鳥 at 21:21| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。